投資詐欺事件(その他)

2009年7月23日 (木)

「年金たまご」、出資法違反容疑で捜索

「年金たまご」、出資法違反容疑で捜索 年金頼みの高齢者を狙った、悪質商法に捜査のメスです。東京の健康商品販売会社が、「年金たまご」と称した集金システムで、高齢者を中心とした会員から違法に金を集めていた疑いが強まり、警視庁は強制捜査に乗り出しました。

 東京・墨田区の健康商品販売会社「ライフ・アップ」。この会社に22日、警視庁の家宅捜索が入りました。容疑は、違法に会員から出資金を募った出資法違反の疑いです。  これは今月、「ライフ・アップ」が都内で開いたセミナーの映像。  「年金は今でもガタついているんですよ。これは大変だということで、それで“こういうモノ”を作り上げた」(今月開催のセミナー ライフ・アップの担当者)  担当者は「年金がガタついている」といい、「年金たまご」という独自のシステムを説明しました。  『あなたのタマゴの一段下に2個のタマゴがそろえば、年金型ボーナス4000円が発生します』【ライフ・アップの資料より】  内部資料などによりますと、この「年金たまご」では、会員がコラーゲンなどの健康商品を毎月、購入すると、自分の下に会員がつぎつぎと配置され、「年金ボーナス」が月額、上限50万円まで増えていくことになっています。  警視庁によりますと「ライフ・アップ」は、この「年金たまご」をうりに高齢者を中心とした会員5万人から数十億円を集めていました。しかし我々の取材に元社員は「システムは当初から破たんしていた」と証言しました。  「25%くらい前の月より売り上げがないと、会員全員が金をもらうためには成り立たない。絶対あり得ないんですよ。『あり得ない』=いつかは破たんする」(ライフ・アップの元社員)  実際、会員からは「金が支払われない」など苦情が相次いでいたといいます。我々は22日朝、社長を直撃しました。  「出資というか金集めはしてませんから。問題になった“円天”とかは、ああいう所は実際に金を集めているわけですよ。うちは“商品販売一本”ですからね」(ライフ・アップ 田澤吉美社長)  警視庁は、今後、捜索で押収した資料などを分析し、集金システムの実態を調べる方針です。(22日16:29)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4190552.html 2009/7/22/tbs-i

★ 年金たまご の引き続きのニュースです。映像もあります(期間限定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

「年金はなくなる」不安あおり勧誘…年金たまご

「年金はなくなる」不安あおり勧誘…年金たまご  東京都墨田区の健康商品販売会社「ライフ・アップ」(田沢吉美社長)が、「年金たまご」と称するシステムで全国の会員から多額の出資金を募っていた出資法違反容疑事件で、同社が「年金は将来なくなる」と高齢者の不安をあおり、「年金たまごは会員の相互扶助による積み立て年金型のボーナスなので安心」などと勧誘していたことがわかった。

 警視庁は22日にも、出資法違反容疑(預かり金の禁止)の疑いで同社本社など関連先を捜索する。

 捜査関係者によると、同社は2006年10月以降、健康食品の購入を持ちかけながら、実際には不特定多数の会員から出資金を集めていた疑いが持たれている。  関係者によると、同社は全国で無料セミナーを開き、「昭和34年以降に生まれた人は年金がない」「今、49歳の人の年金開始は78歳くらいから」などと説明。「投資はリスクも大きいが、年金たまごは毎月、健康食品を購入するだけで年金を積み上げられる」と宣伝し、田沢社長は「世界初の画期的プログラム。このシステムを国民が知ったら、すべての国民が年金たまごに入る」と力説していたという。

(2009年7月22日14時43分  読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090722-OYT1T00622.htm

★ 実際に経営破たんを起こされてしまってからとなると被害の回復は難しいのでしっかりした法律の制定が必要と考えられます。 こういった商法で運営する人は逆に「法律が守ってくれる」ということをタテにとっていることも少なくありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

女性トレーダー」起訴事実認める…被害総額15億円? (投資詐欺被害)

女性トレーダー」起訴事実認める…被害総額15億円?  「関西初の女性トレーダー」との触れ込みで、元本保証をうたい、株式投資への資金を集めたとして、出資法違反(預かり金の禁止)罪に問われた主婦岩田矩子(ともこ)被告(55)(大阪府泉佐野市)の初公判が27日、大阪地裁(遠藤邦彦裁判官)であり、岩田被告は起訴事実を認めた。

 起訴状では、岩田被告は2007年4~11月、6人の顧客に元本保証を約束し、8回にわたって計1億2000万円を預かった、とされる。

 岩田被告は7~8年前から1口100万円で約200人から出資金を集めており、被害額は15億円以上、という。検察側は今後、残る出資者についても追起訴する方針。

(2009年4月27日10時33分  読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090427-OYT1T00312.htm

★ 有名な女性トレーダーの詐欺事件です。当初は岩田被告人本人の腕を見越して、出資者があつまりましたが、その後リーマンショックなどの影響で おもうような運用益がでず、そのようになってしまったことになります。平成電電も同じように経営の現状を粉飾した場面もあります。

| | コメント (2) | トラックバック (2)