株式会社プロデュース

2009年7月 9日 (木)

粉飾『共謀した覚えない』 プロデュース事件 公認会計士初公判 横領罪は認める

粉飾『共謀した覚えない』 プロデュース事件 公認会計士初公判 横領罪は認める 2009年7月9日

 新潟県長岡市の工作機械メーカー「プロデュース」=民事再生手続き中=の粉飾決算事件で、金融商品取引法違反罪などに問われた、公認会計士石井清隆被告(40)の初公判が八日、さいたま地裁(大谷吉史裁判長)であった。  石井被告は粉飾決算について「共謀した覚えはなく、全体の粉飾にかかわったことはない」などと述べ、無罪を主張。所属する監査法人の金四千九百万円を着服したとされる業務上横領罪については、起訴内容を認めた。  検察側冒頭陳述によると、石井被告は顧客企業が上場すれば自身の実績になると考え、同社の監査を引き受けた。同社の業績が伸び悩み、同社前社長の佐藤英児被告(40)=同罪などで公判中=から相談を受けると、架空取引や粉飾処理を指示したとされる。  石井被告は罪状認否で「会計士として一定の条件の下にアドバイスしたが、実際の売り上げが半分だったとか、赤字だったということは知らなかった」などと述べた。

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20090709/CK2009070902000085.html TOKYO Web

★ プロデュースはの公判が進んでいます。粉飾決算が大きな秩序を乱していることに注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

プロデュース粉飾決算 証取法違反罪で会計士起訴

プロデュース粉飾決算 証取法違反罪で会計士起訴 2009.4.28 20:51   新潟県長岡市の工作機械メーカー、プロデュースの粉飾決算事件で、さいたま地検は28日、証券取引法違反(虚偽記載)などの罪で、同社の会計監査を担当していた東京都杉並区の公認会計士、石井清隆容疑者(40)を起訴、前社長、佐藤英児被告(40)=同法違反罪で起訴=と前専務、井上義則被告(40)=同=を追起訴した。

 地検によると、伝票のやりとりだけで売り上げを計上する循環取引などの手口は、主に石井被告が提案。公認会計士が上場時から赤字を黒字に見せ掛け、継続的に粉飾に関与した「過去に例のない悪質なケース」としている。

 起訴状によると、石井被告は佐藤被告らと共謀し、ジャスダック証券取引所への上場を控えた平成17年11月、売上高を約16億円粉飾した17年六月期の損益計算書を載せた有価証券届出書を関東財務局に提出したなどとしている。 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090428/crm0904282052035-n1.htm (MSN産経ニュース)

★ プロデュースがいよいよ起訴されました。たまたまになりますが平成電電関係の逮捕と同じ3月5日に初の逮捕になってからその後に公認会計士が逮捕されました。 平成電電に関しては公認会計士は「継続の疑義」および「意見不表明」退陣しました。こちらの場合は、公認会計士が自ら粉飾に関与して、関東財務局に嘘の報告をした結果となりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月13日 (月)

前社長から借金9000万円=逮捕の会計士-プロデュース粉飾決算

前社長から借金9000万円=逮捕の会計士-プロデュース粉飾決算  電子部品装置製造「プロデュース」(新潟県長岡市、民事再生手続き中)の粉飾決算事件で、証券取引法違反容疑で逮捕された公認会計士石井清隆容疑者(40)が、同社前社長佐藤英児容疑者(40)=金融商品取引法違反などの容疑で再逮捕=から約9000万円の借金をしていたことが9日、同社関係者の話で分かった。自分が代表社員を務める監査法人の資金繰りに使うと説明していたという。  石井容疑者は同社に売上高の水増し方法を指示し、粉飾した決算を会計監査人として承認したとされる。さいたま地検特別刑事部は、多額の借金との関連について捜査している。(2009/04/10-03:26) http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009040900757 (2009/4/9/時事ドットコム)

★公認会計士に借金が佐藤英児元社長からあったことがあらたに判明しました。これも平成電電の構図とは少々違うところです。  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

プロデュース粉飾事件、監査の会計士を虚偽決算提出の疑いで逮捕

プロデュース粉飾事件、監査の会計士を虚偽決算提出の疑いで逮捕  新潟県長岡市の工作機械メーカー、プロデュースの粉飾決算事件で、さいたま地検特別刑事部は9日、証券取引法(現・金融商品取引法)違反(虚偽記載)容疑で、同社の会計監査を担当していた公認会計士石井清隆容疑者(40)を逮捕、同法違反などの容疑で前社長佐藤英児容疑者(40)=同法違反の罪で起訴=と前専務井上義則容疑者(40)=同=を再逮捕した。

 地検によると、3人は容疑を認め、架空売り上げを計上するなどの粉飾の手口について佐藤容疑者らは「石井容疑者が提案した」と供述している。売上高の粉飾額は3年間で100億円を超えていた。  石井容疑者の逮捕容疑は、佐藤、井上両容疑者と共謀し、上場を控えた2005年11月、売上高を約16億円、利益を約2億6000万円水増しした05年6月期の損益計算書を載せた有価証券届出書を関東財務局に提出した疑い。〔共同〕(14:01)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090409STXKE023209042009.html (2009/4/9日経ネット)

★プロデュースの粉飾決算では会計士自身が粉飾に関与したところが平成電電の事件と大きく違うところです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

プロデュース粉飾事件、報告書虚偽記載容疑で公認会計士逮捕

プロデュース粉飾事件、報告書虚偽記載容疑で公認会計士逮捕  ジャスダックに上場していた新潟県長岡市の工作機械メーカー「プロデュース」(民事再生手続き中)を巡る粉飾決算事件で、さいたま地検は9日、会計監査を担当した公認会計士、石井清隆容疑者(40)(東京都杉並区)を旧証券取引法違反(有価証券報告書等の虚偽記載)容疑で逮捕した。

 発表によると、石井容疑者は、同社の前社長佐藤英児(40)と前専務井上義則(40)両被告(旧証券取引法違反罪で起訴)と共謀し、同社の2005年6月期の純利益(税引き前)が赤字だったのに、売上高31億976万円で1億9111万円の黒字と偽った有価証券届出書を同年11月、関東財務局に提出した疑い。

 石井容疑者は東京都千代田区の監査法人の元代表で、05年6月期、06年6月期の監査を担当。地検は、石井容疑者が粉飾を見逃した見返りに、同社から報酬とは別に数百万円を受け取っていた疑いもあると見ている。  地検は同日、06年、07年6月期も粉飾決算をしていたなどとして、佐藤、井上両被告を同法違反(同)などの疑いで再逮捕した。

(2009年4月9日12時46分  読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090409-OYT1T00562.htm

★ プロデュース粉飾決算、平成電電同様な結果となっています。この事件の大きな特徴は公認会計士が粉飾決算に関与していた点です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年4月 8日 (水)

「上場後は黒字の計上なかった」 プロデュース債権者集会

「上場後は黒字の計上なかった」 プロデュース債権者集会  粉飾決算で前社長らが逮捕・起訴された、長岡市の工作機械メーカー「プロデュース」(民事再生手続き中)は7日、再生計画案に関する債権者説明会を新潟市内で開いた。債権者からは「粉飾決算に憤りを感じる」「配当原資が減る恐れはないのか」などの発言が出たが混乱はなく、約1時間45分で終了した。

 プロデュース側は、ジャスダック上場後の2006年6月期~08年6月期の業績について「売上高はせいぜい20億円台から30億円台。少なくとも上場後は黒字を計上したことがない」との外部調査結果を説明。  証券取引法違反罪で起訴された前社長と前専務の責任追及については、架空循環取引によって生じた社の損失約7億円には損害賠償請求権があるとみて、同社が債権者として2人の破産を新潟地裁長岡支部に申し立てたことを明らかにした。  再生計画案を決議する債権者集会は6月4日に開かれるが、同社側はこの日の説明会終了後、報道陣に対し、「なんとかご理解がいただけるのではないか」との認識を示した。

(2009年4月8日  読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20090408-OYT8T00129.htm ★プロデュースの債権者集会では上場後は黒字を得たことはなかったとのことです。経営悪化状態は平成電電と同じようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

プロデュースの債権者集会は6月4日に

プロデュースの債権者集会は6月4日に  粉飾決算で前社長らが逮捕・起訴された、長岡市の工作機械メーカー「プロデュース」(民事再生手続き中)の債権者集会が6月4日に開かれることになった。

 集会は新潟地裁の主催だが、それに先立ち、プロデュース社は今月7日、再生計画案の詳細について債権者に説明するための集会を新潟市内で開く。  プロデュース社は昨年9月、粉飾決算の疑いで証券取引等監視委員会の強制調査を受け、その8日後の26日に民事再生手続きの適用を申請、同12月に開始決定を受けた。3月23日には、埼玉県の「ワイディー・メカトロソリューションズ」に3億円で事業譲渡されている。

(2009年4月3日  読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20090403-OYT8T00028

★平成電電同様の粉飾決算があったプロデュース 債権者集会はさいたま地裁や東京地裁ではなく、新潟地裁とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)