日記

2009年4月16日 (木)

警察庁長官、痴漢捜査のあり方を検討

警察庁長官、痴漢捜査のあり方を検討

 最高裁が、電車内の痴漢事件で逆転無罪判決を言い渡したことを受け、警察庁の吉村博人長官は「痴漢捜査のあり方を検討する必要がある」として首都圏の警察などで検討会を開く方針を示しました。

 電車内で女子高生に痴漢をしたとして強制わいせつの罪に問われた防衛医科大学の教授に対し、最高裁は14日、1・2審の実刑判決を破棄して無罪を言い渡しました。物的証拠や目撃者がいないため、被害者による供述のみが証拠となっていました。
 この判決を受け、警察庁の吉村長官は16日の定例会見で「事件はそれぞれ違う」としつつも、「捜査のあり方を検討する必要がある」と述べ、今後、痴漢事件が多い、首都圏の警察などで検討会を開く方針を示しました。
 吉村長官は「強制捜査にするのか、任意での捜査にするのかも含め、多角的に検討してゆく必要がある」としています。(16日18:28)

http://news.tbs.co.jp/20090416/newseye/tbs_newseye4109776.html
(2009/4/16/TBS)

★ 最高裁の判決を受けて、警察庁は捜査の在り方をもう一度みなおすことになりました。
 しかし、被害者の供述が唯一の証拠となった以上裁判所はなぜ法則にしたがって無罪としないのかというところが全く理解はできません。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

痴漢裁判で逆転無罪の防衛医大教授「胸がすく思い」

(2009/4/15/MSN産経ニュース)

★ 判決後の被告人へのインタビューが掲載されています。そもそも、もともと公判維持ができそうにない事件だったけど、起訴した以上社会的な目もあり、担当した裁判官は無罪との法則の認識があってもそう認めざるをえなかったのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

防衛医大教授に逆転無罪=電車内痴漢「慎重な判断を」-事件捜査に影響も・最高裁

防衛医大教授に逆転無罪=電車内痴漢「慎重な判断を」-事件捜査に影響も・最高裁  電車内で女子高校生に痴漢行為をしたとして強制わいせつ罪に問われ、一、二審で実刑とされた防衛医科大学校の名倉正博教授(63)=休職中=の上告審判決で、最高裁第三小法廷(田原睦夫裁判長)は14日、「被害者の証言は不自然で、信用性に疑いがある」として、逆転無罪を言い渡した。教授の無罪が確定する。五裁判官のうち三人の多数意見。  判決は「客観証拠が得られにくい満員電車内の痴漢事件では、特に慎重な判断が求められる」とした。同種事件の捜査や裁判に影響を与えそうだ。  同小法廷は、手に残った繊維の鑑定などの裏付け証拠がないことから、唯一の証拠である被害者の証言について、慎重に判断する必要があるとした。  その上で、痴漢被害を受けても車内で逃れようとせず、いったん下車した後も車両を変えずに再度教授の近くに乗ったとする女子高生の証言を、不自然で疑問が残ると指摘。全面的に証言の信用性を認めた一、二審の判断を「慎重さを欠いた」と退けた。(2009/04/14-18:19) http://www.jiji.com/jc/zc?k=200904/2009041400531 (2009/4/14/時事通信)

★ 異例な事件が発生しました。一審・二審とも有罪で、しかも最高裁では3対2の多数決で無罪となった事件(第一審・第二審の判決を破棄して自判する) です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)