事件(SMAP・草なぎ剛・刑法174条公然わいせつ)2009/4/23

2009年4月23日 (木)

【SMAP草なぎ逮捕】住民証言「ワーワーと叫ぶ声」「ストレス発散のようだった」 2009.4.23 11:54

【SMAP草なぎ逮捕】住民証言「ワーワーと叫ぶ声」「ストレス発散のようだった」 2009.4.23 11:54   このニュースのトピックス:SMAP

草なぎ容疑者が現行犯逮捕された檜町公園=23日午前、東京都港区(川口良介撮影) 「SMAP」の草なぎ剛容疑者(34)が公然わいせつ容疑で逮捕された事件で、現場の檜町公園=東京都港区赤坂=近くのマンション住民らが23日、「ワーワーと叫ぶ声が聞こえた」「何かストレスを発散しているようだった」などと草なぎ容疑者とみられる男の様子を話した。  近くのマンションに住む無職男性(75)はこの夜、寝つきが悪く偶然午前3時ごろまで起きていたという。男性は「3時ごろ、酔っぱらった男がワーワーと叫ぶ声が聞こえた。声が大きく、15分間ほど続いた。最初は助けを求める声だ思った。酒に酔って吠えているような感じだった」。  同じマンションに住むジュエリー店経営の女性(42)は夜通し起きていたところ「甲高い叫び声が聞こえた」という。  「何かストレスを発散しているように聞こえた。窓を閉めていたが、声が聞こえた。いつも外国人が騒いだりするからあまり気にしなかったので、まさか草なぎさんだとは思わなかった」と話した。 公園は、マラソンコースやバスケットゴール、ブランコや滑り台などの遊具も整備されている。   近くのマンションに住む会社員女性(40)は「公園周辺は午前2時、3時に酔っぱらった外国人や、六本木の店で働く人が大声を出しながら歩く。夏場は窓を開けるから特にひどい」と話す。  「六本木から赤坂へ抜けるとき周辺を通るらしいが、道路の真ん中を十数人で歩いたり、大声で歌ったりする。バスケットは夜間禁止なのに、夜も遊ぶ人がおり、音が響いてくる。騒ぎ声はいつものことだから、よほどのことがないと110番通報はしないのではないか」という。

 犬の散歩に訪れていた近所の自営業男性(66)は「この辺りで夜中に騒いでいると、すぐに苦情が出る」と話す。 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090423/crm0904231155018-n1.htm (2009/4/23/MSN産経ニュース)

★有名アイドルグループ草なぎ剛 容疑者が 公然わいせつ容疑で逮捕 されました。そもそも公然わいせつは 6か月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金のため、 方向性としては、3日間(72時間)の逮捕をされた後に釈放をされるものとみられます。その後本人が罪を認めているとうことなので起訴として最も多く使われている 「略式命令」(略式起訴)を東京簡易裁判所に行い、罰金約20万円程度を払ってこの事件(刑事事件)に関しては終結するとみられます。

平成電電の場合は詐欺事件(懲役10年以下の刑)ということなので、起訴されればいつまでも勾留をしていくことは可能です。しかし懲役1年以下にあたる罪に関しては
起訴されたら1が月毎の勾留請求の更新は1回のみに限られるので、最長でも3か月くらいで外の世界に行かれるような制度になっています。

○公然わいせつ罪
刑法第174条(公然わいせつ)
公然とわいせつな行為をした者は、6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

| | コメント (0) | トラックバック (1)